2017年3月16日 更新

心温まるバレンタインデートを演出。雪降る横浜‌みなとみらいでねぶくろシネマを開催。

東京・調布で生まれた野外映画イベント「ねぶくろシネマ」をご存知ですか?河川敷の橋脚などに映画を映し、世代関係なく映画とアウトドアを楽しむ新しいレジャーイベントです。 バレンタイン直前の2月10日(金)に、横浜・みなとみらいのおしゃれなグルメリゾート・MMテラスで開催された「ねぶくろシネマValentine」の様子をレポートします。

話題の野外映画イベント「ねぶくろシネマ」が横浜にやってきた

 (58166)

近頃、屋外で映画を楽しむ「野外映画イベント」が多く開催され、人気を集めています。野外という開放的な空間で観る映画は、普段映画館で観る映画や、自宅で観るDVDとは一味違いますよね。
そんな新しい映画鑑賞スタイルのひとつとして、2015年、東京・調布市に住む父親たちの手で誕生したのが「ねぶくろシネマ」。多摩川の河川敷で、京王多摩川線の線路の橋脚に映画を映す形で始まったこのイベントは、ハレットも今までに何度も参加し、会場の様子をご紹介してきました。
「街中をどこでも映画館にする」というコンセプトのもと、たとえそこにスクリーンがなくても上映できる環境を作り出し、開催場所に合わせた映画タイトルを選び、その場所を世界にひとつだけの映画館にしてしまいます。

これまでには、夏休みの終わりに大きな公園で、子供たちが宝探しの冒険に出かける「グーニーズ」を上映したり、ある街の野球場で、主人公が自ら野球場自体を作る「フィールド・オブ・ドリームズ」を上映したりと、会場の空間全体を映画の世界とリンクさせてきました。
 (58168)

今回その「ねぶくろシネマ」の舞台となったのは、横浜・みなとみらい駅から徒歩1分の場所にある「MMテラス」。こちらの施設には、ミシュランで星を獲得したレストランから、気軽に利用できるカジュアルなカフェなど、「大人のためのグルメリゾート」というコンセプトにふさわしく、バラエティー豊かな飲食店が多く揃っています。
近くには横浜美術館やショッピングモール「MARK IS」などもあり、デートやショッピングの途中のカフェタイムに立ち寄ったり、ランチやディナーで訪れるのにおすすめのスポットです。

イベントの開催は、2月10日金曜日。バレンタイン直前ということで、今回のテーマは「恋人たちのための」ねぶくろシネマに決定。真冬の夜、多くの恋人たちに幸せを届けた「ねぶくろシネマValentine」の様子を、余すことなくレポートします。

イベント会場「MMテラス」の芝生広場にはなんと雪が・・・

 (58171)

イベント当日、会場のあるみなとみらいエリアはあいにくの雨。午後には雪に変わってしまい、当初予定されていた屋外の芝生広場での上映は難しい状況に・・・。ですがそんな状況もプラスに考え、臨機応変に対応できるのが「ねぶくろシネマ」。今回は芝生広場ではなく、MMテラスに隣接するオフィスビルのエントランスフロアを、一夜限りの映画館にすることに。

ビジネスマンが行き交うオフィスビルのエントランスが映画館に

 (58174)

映画を映すスクリーンは、毎回ねぶくろシネマの運営スタッフが創意工夫を凝らして準備しています。線路が走る橋を支える橋脚をスクリーン代わりにしたり、柱や壁がないときは大型トラックの荷台の部分に大きな布を張って映画を映し出したりと、どんな場所も唯一無二の映画館へと変えてきました。
今回はビジネスマンが行き交うオフィスビルのエントランスを、建設現場などで足場として使用される機材を使って映画館に変えていきます。
 (58211)

現役の大工さんの指導のもと、多くのボランティアスタッフが力を合わせてどんどんとタワーを組み立てていきます。高さもあって、見ている方は少しハラハラ・・・。
男性10人がかりで、一夜限りのスクリーンが完成!幕を下ろす瞬間は、思わず「おお~!」と感嘆の声がでてしまいました。

会場スタッフ全体が一体となって映画の世界を演出

 (58180)

実はねぶくろシネマ、2月に実施されるのはこれが初めて。上映中の寒さに備えて、来場者の方には毛布やカイロ、ホットドリンクが用意されていました。バレンタインにちなんで、ハレットからはチョコレートのプレゼントも。
 (58182)

今回上映された映画「幸せのレシピ」の主人公は、人気レストランの料理長として働く女性。映画の中にはたくさんの美味しそうな料理が登場します。今回は映画の中でも登場するパンケーキが、なんと無料で来場者に振舞われました。こちらはMMテラスのハワイ料理レストラン「マノ・キッチンカフェ」がサービスで提供してくれたもの。まさに映画の世界とリンクした、素敵な演出です。

【マノ・キッチンカフェ】http://www.mano-kitchen-cafe.jp/

ついに開演!上映前には素敵なサプライズも

 (58185)

時刻は19時。「ねぶくろシネマValentine」のスタートです。
実行委員長からの挨拶のあと、事前に参加者から集められた「大切な人へのサプライズメッセージ」がスクリーンに映し出されました。
 (58187)

大切な仕事仲間へ、自分が心から応援する人へ、そしてかけがえのない愛する恋人への心温まるメッセージに、会場内の空気もほっこりと温まるのを感じます。バレンタインはただチョコレートを渡す日ではなく、自分の大事な人に日頃の感謝を伝える日なのかもしれません。私もちゃんとありがとうを伝えなきゃなあと、改めて思い直すきっかけとなりました。
 (58189)

映画を観ながら、自由に笑ったり、お喋りしたり、おやつを食べたり。上映中は自由に、思い思いのスタイルで楽しむことができるのが「ねぶくろシネマ」のいいところ。いただいたパンケーキは、自然な甘さでとっても美味しかったです。
 (58191)

カップルだけでなく、仕事帰りの方々や近隣のマンションに住むご家族など、様々な人が集まり、通常では考えられないビルエントランスという環境の中で映画を楽しんでいる光景は、とても印象的でした。

「みんなで作る映画館」には沢山の笑顔がありました

 (58212)

映画終了後、来場者の方々から聞こえてくるのは「ありがとうございました」「素敵なイベントでした」「またやってください!」という温かい言葉ばかり。スタッフと参加者の距離が近いアットホームなイベントだからこそ、自然とこんな感想が耳に入ってくるのではないでしょうか。
 (58214)

次はあなたの街にもねぶくろシネマがやってくるかもしれません。その時は是非、自分のスタイルで映画とその空間を楽しんでみてください。今までにない素敵な映画の想い出ができると思いますよ。

合わせて読みたい『MMテラス』の情報

記念日ディナーにもおすすめ!横浜みなとみらいデートの最後はMMテラスで特別な時間を

記念日ディナーにもおすすめ!横浜みなとみらいデートの最後はMMテラスで特別な時間を
横浜みなとみらいといえば、大人のデートスポットとして人気のエリア。おしゃれなカフェや美味しいと評判のレストランなど、多くのカップルが訪れる人気店がたくさんあります。その中でも2人の特別な記念日に訪れたいのが「MMテラス」。「大人のためのグルメリゾート」として、ミシュランの星を獲得したレストランや、ディナー後にちょっと寄れるカフェなど、みなとみらいのデートを締めくくる場所としておすすめです。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

記念日ディナーにもおすすめ!横浜みなとみらいデートの最後はMMテラスで特別な時間を

記念日ディナーにもおすすめ!横浜みなとみらいデートの最後はMMテラスで特別な時間を

横浜みなとみらいといえば、大人のデートスポットとして人気のエリア。おしゃれなカフェや美味しいと評判のレストランなど、多くのカップルが訪れる人気店がたくさんあります。その中でも2人の特別な記念日に訪れたいのが「MMテラス」。「大人のためのグルメリゾート」として、ミシュランの星を獲得したレストランや、ディナー後にちょっと寄れるカフェなど、みなとみらいのデートを締めくくる場所としておすすめです。
ハレット編集部 | 4,724 view
(11/12)芝生に寝転び一夜限りの映画館。『第7回ねぶくろシネマin朝霞』に行ってみよう。

(11/12)芝生に寝転び一夜限りの映画館。『第7回ねぶくろシネマin朝霞』に行ってみよう。

河川敷の橋脚などに映画を映して、星空を眺めながら映画を見るというイベント「ねぶくろシネマ」。7回目は、初めて埼玉県朝霞市で行います!そんなねぶくろシネマの見どころをいち早くチェックしましょう♪
ハレット編集部 | 1,126 view
ハレットが案内する街歩き&地図作りのワークショップを開催!

ハレットが案内する街歩き&地図作りのワークショップを開催!

ハレットでは3月25日(土)にワークショップを開催します。今回は向島の街をハレットと一緒に歩く「街歩き」と、街歩きをしてみつけたスポットを自分だけの地図にするワークショップを行います。観光ガイドブックには載っていない東京の隠れた魅力を一緒に見つけに行きませんか。
(2/25-3/10)中目黒で出逢う小さな鳥取「co-tori2017」

(2/25-3/10)中目黒で出逢う小さな鳥取「co-tori2017」

「鳥取県」を街全体で感じられるイベントが中目黒で行われます。今回は鳥取県出身のハレット編集部が懐かしい思い出と共にご紹介します。
(1/28-5/21)ふんわりとお出汁香る和食×デジタルアート 「食神さまの不思議なレストラン」へ

(1/28-5/21)ふんわりとお出汁香る和食×デジタルアート 「食神さまの不思議なレストラン」へ

パリにロンドン、NY…海外で流行っている日本食。「WASHOKU」は共通言語として広がっているほどです。その一方、私たちはどれだけ自分たちの食文化を知っていますか?なんでもないお茶碗一杯のごはんにも、一口のお味噌汁にも、素材・調理法と長い年月をかけた日本の心を感じられる展覧会、「食神さまの不思議なレストラン」へ行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ハレット編集部 ハレット編集部