2017年4月14日 更新

(4/15-4/16)今週末行きたい!おすすめイベント5選

春らしい日にまじって、曇りや雨の日もちらほら。今週の日曜日は、かなりあたたかいようで、お出かけ日和の週末になりそう。道を歩いていると、足元のたんぽぽに気づいたり少しのおでかけでも春の陽気を感じられる時。新しい発見で体だけでなく心にも元気をチャージしてみては。今週も、編集部が選んだおすすめイベントのご紹介です。

4月から環境が少し変わった、という人は多いのではないでしょうか。新たな人間関係やお仕事に、なんとなく疲れがたまってきてはいませんか?そんな時は、週末の時間を工夫して。はじめての野外映画やはしご酒…リフレッシュできる体験をテーマに、屋外のイベントを集めました。

おすすめ①空の下で見る映画。入場無料の野外上映。

【北越谷駅】棟下式 & ねぶくろシネマ@北越谷

 (59455)

映画好きの方でも、外の空気の中で映画を観る経験って、なかなかないですよね。
夜空の下で映画を楽しむ「ねぶくろシネマ」の第10回目となるイベントが、北越谷で開催されます。今回の上映作品は不思議な物語に引き込まれる「ビッグ・フィッシュ」。ファンタジーの名作として、ティム・バートン監督の代表作といえる1本です。
また今回は、お世話になった建物や土地に感謝を伝え、お別れする「棟下式(むねおろしき)」との同時開催。他にも、食べ物の出店、餅まき、お宝発見ツアー、落書きイベントなど、大人も子供も楽しめる企画が盛りだくさん。映画はもちろん、「越谷」の街全体の魅力を感じて、楽しんで。
 (59452)

以前の開催の様子
Information
日時:2017年4月15日(土)
棟下式 15:00-18:00(上映時間 18:30-20:40)
※雨天・荒天の場合は、 4月22日(土)に順延。
会場:旧朝日信用金庫研修所 埼玉県越谷市南荻島3250
アクセス:東武スカイツリーライン「北越谷」駅 徒歩13分
料金:無料 ※参加方法:事前申込不要
持ち物:敷物、アウトドアチェア、懐中電灯、防寒具など。

おすすめ②春は、さくらだけじゃない。下町に集まる、100種のツツジ。

【根津】第48回文京つつじまつり

 (59442)

東京を代表する神社のひとつ、根津神社。境内にある約2000坪のつつじ苑に、約100種3000株のツツジが咲き競います。種類によって開花時期が異なるため、長い期間、様々なツツジを楽しめるこちらのスポット。根津神社のHPで開花状況や催しものの情報をチェックできます。
また、お祭りらしく甘酒茶屋、植木市、露店も並びます。境内で食べ歩きするのも楽しみのひとつ。色とりどりのツツジに春の陽気を感じながら、ゆったりとした時間を過ごしては。
 (59443)

Information
会期:2017年4月8日(土)-5月5日(祝・金曜日)9:00-17:30
入苑料:寄進料として200円
会場:根津神社
アクセス:東京メトロ「根津駅」「千駄木駅」「東大前駅」より徒歩5分

おすすめ③赤レンガ倉庫に春の庭。お気に入りの風景を見つけて。

【横浜赤レンガ倉庫】NAKANIwA(ナカニワ) ~FLOWER GARDEN 15th anniversary~

 (59444)

赤レンガといえば、横浜を代表するおでかけスポット。倉庫前の広場では、横浜の春の風物詩「FLOWER GARDEN」が開催されます。10回目となる今年のテーマは「ナチュラルガーデン」。高さ4m以上の風車がそびえる「カントリーゾーン」や、力強く大きな岩が並ぶ「大自然ゾーン」など、特徴の異なる4つの庭が広がります。
倉庫館内には、連携する「全国都市緑化よこはまフェア」による小さなフラワーブーケを作るワークショップや、横浜で生まれ、長年横浜の街を撮り続けた写真家として有名な森日出夫さんの展示等の企画も。日没が近づく18時からは草花がライトアップされ、昼間とはまた違った雰囲気に。いつもの赤レンガとは一味違う、花と緑の横浜を楽しめます。
 (59446)

Information
会期:2017年4月1日(土)~4月23日(日) 24時間
※ライトアップ18:00~24:00
会場:横浜赤レンガ倉庫 みなとみらい21エリア
料金:入場無料

おすすめ④大人のたしなみ、はしご酒デビューの週末。

【新富町】新富町はしご酒2017 春

 (59448)

「はしご酒」という言葉はよく知っているけれど、実は未体験、という人も多いのではないでしょうか。この機会にデビューしてみては。
今年で7回目、店主の手作り料理が自慢のお店23店舗が参加するこのイベント。鰻、寿司、割烹、イタリアン、ラーメンなど様々な業態のお店で、バリエーション豊富なメニューを楽しめるのが大きな魅力。高級中華の「東弦京」など、好きなお店を選んで「はしご」できます。3000円で交換できる6枚のチケットとワイングラスをお供に、町をぶらぶら。春の宵、どこに行こうか迷いつつ・・・はじめてのはしご酒を楽しもう。くれぐれも、呑みすぎにはご注意を。
 (59447)

Information
会期:2017年4月15日(土) 16:00-20:30
参加店舗:23店舗
エリア:中央区新富1-10-4
受付会場:割烹 躍金楼
料金:3,000円 (チケット制)
購入方法:14日18時までの事前予約。当日チケットは若干枚数のみ。
※使い切れなかった券は5月16日まで、参加店で金券一枚500円相当として使用できます。

おすすめ⑤青空・海・ヨガ。最高のロケーションで体を動かそう。 

【横浜駅】MARINE YOGA Spring

 (59449)

体と心をリフレッシュさせてくれるヨガ。横浜では、春の潮風を感じながら外ヨガを楽しめる「MARINE YOGA Spring」が開催されます。3回目となる今回も、2日間で5名の人気インストラクターが登場。様々なプログラムで初心者?経験者を問わず、子どもから大人までそれぞれが楽しめます。酵素シロップ作りなどのワークショップや耳つぼジュエリーなどのコンテンツが盛りだくさん。
外の空気の中で体を動かせば、月曜日からの元気をチャージできるかも。
 (59450)

Information
会期:2017年4月15日(土)-16日(日)
※雨天時:4月29日(土)-30日(日)に順延
会場:MARINE & WALK YOKOHAMA及びカップヌードルミュージアムパーク プロムナード
料金:事前予約の特典あり
ヨガクラス 2,000円(税込)/75分
キッズヨガ 1,000円/60分(対象:3歳-小学生)
以上、おすすめイベントのご紹介でした。今週もみなさんに、新しい出会いがありますように。素敵な週末をお過ごしくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

(11/12)芝生に寝転び一夜限りの映画館。『第7回ねぶくろシネマin朝霞』に行ってみよう。

(11/12)芝生に寝転び一夜限りの映画館。『第7回ねぶくろシネマin朝霞』に行ってみよう。

河川敷の橋脚などに映画を映して、星空を眺めながら映画を見るというイベント「ねぶくろシネマ」。7回目は、初めて埼玉県朝霞市で行います!そんなねぶくろシネマの見どころをいち早くチェックしましょう♪
ハレット編集部 | 1,170 view
心温まるバレンタインデートを演出。雪降る横浜‌みなとみらいでねぶくろシネマを開催。

心温まるバレンタインデートを演出。雪降る横浜‌みなとみらいでねぶくろシネマを開催。

東京・調布で生まれた野外映画イベント「ねぶくろシネマ」をご存知ですか?河川敷の橋脚などに映画を映し、世代関係なく映画とアウトドアを楽しむ新しいレジャーイベントです。 バレンタイン直前の2月10日(金)に、横浜・みなとみらいのおしゃれなグルメリゾート・MMテラスで開催された「ねぶくろシネマValentine」の様子をレポートします。
ハレット編集部 | 3,065 view
記念日ディナーにもおすすめ!横浜みなとみらいデートの最後はMMテラスで特別な時間を

記念日ディナーにもおすすめ!横浜みなとみらいデートの最後はMMテラスで特別な時間を

横浜みなとみらいといえば、大人のデートスポットとして人気のエリア。おしゃれなカフェや美味しいと評判のレストランなど、多くのカップルが訪れる人気店がたくさんあります。その中でも2人の特別な記念日に訪れたいのが「MMテラス」。「大人のためのグルメリゾート」として、ミシュランの星を獲得したレストランや、ディナー後にちょっと寄れるカフェなど、みなとみらいのデートを締めくくる場所としておすすめです。
ハレット編集部 | 4,905 view
(10月8日開催)夜空の下で一夜限りの映画館。ねぶくろシネマVol.6へ行こう

(10月8日開催)夜空の下で一夜限りの映画館。ねぶくろシネマVol.6へ行こう

河川敷の橋脚などに映画を映して、星空を眺めながら映画を見るというイベント「ねぶくろシネマ」。2015年12月に開催されて以来、各地で大人気を博しています。そんな人気イベントが10月8日に6回目の開催を迎えることに。今回の見どころをいち早くチェックしましょう♪
ハレット編集部 | 1,843 view
(~5/14)東京から1時間半!現代アートと菜の花咲く里山のぬくもりに魅了される「いちはらアート×ミックス2017」

(~5/14)東京から1時間半!現代アートと菜の花咲く里山のぬくもりに魅了される「いちはらアート×ミックス2017」

お出かけの季節が到来。普段から美術館めぐりが好きな私ですが、今回はアートとお出かけ気分が同時に楽しめる芸術祭「いちはらアート×ミックス2017」へ行ってみました。東京駅から1時間半ほどと芸術祭の中では気軽にアクセスできるところが決め手だったのですが、実際に訪ねてみたら軽い気持ちが一変。結論から言うと「とにかくみんなにも行って欲しい!」。そんな魅力たっぷりの芸術祭の様子をお届けします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ハレット編集部 ハレット編集部

おすすめのまとめ

いまハレットで注目のまとめ